Select your Location

North America

Latin America

Global

Asia Pacific & Middle East

Europe & Africa

service support

FAQ

  • Q: バーコードにはどれだけの容量を入れられるのか?
  • 2-Dコードは多くの文字に対してコーディングを行えるが、必要なときは、可変長ロジックシンボルを少ない文字のコーディングに使うことができる。可変長バーコードのデータ容量はシンボルの大きさの制限を受け、シンボルの大きさはバーコード機の機能によって決まる。ここに一つの参考を挙げる。

    標準のU.P.C./EANコードは14ケタの数字をコーディングできる。多くの倉庫、物流、製造および在庫管理用のバーコードは一続きの長さが同じ数字を使う。多くのよく使われるロジックシンボルは、簡単にこれを簡潔なコードにコーディングすることができる。

  • Q: どの種類のバーコードを使うべきか?
  • バーコードフォーマットは多様で、必ずニーズに合ったロジックシンボルを見つけることができる。どれが最適なロジックシンボルかを決定する際、いちばん重要なパラメーターはコーディングを要するデータ量、バーコードを印刷するのに必要な空間およびコーディングするデータのタイプだ。

  • Q: 現在バーコードには何種類のタイプがあるか?
  • "現在すでに作られたバーコードロジックシンボルは数百種あるが、広く使われているものは多くない。各ロジックシンボルにはそれぞれ独特のバーコード、空白の方式およびデータコーディングの規則がある。バーコードには二種類の基本的なタイプがある。一次元と二次元(2-D)バーコードだ。

    1) 一次元コードは単一直線を使って、データをバーコードと空白に編成する。U.P.C./EANコードは一次元バーコードの代表作だ。

    2) 二次元コードはもう一つの次元の中で、データに対してコーディングを行う。2Dコードの二種類の主要なタイプは積み重ね式と行列式のロジックシンボルだ。積み重ね式ロジックシンボルは、多くの一次元シンボルをたがいに積み重ねて作られる。行列式ロジックシンボルは、四角形あるいは幾何学形式で組み合わされたブロックあるいは直線を使う。他に、混合式の二次元ロジックシンボルおよびその他の変化形がある。"

  • Q: バーコードはどのように利用できるのか?
  • "バーコードの利用は人的資源の節約を主とするが、国際EAN協会(International Article Numbering Association, IANA)が推進する商品バーコード番号体系は、このような環境の下、広く各国の先進企業に採用され、食品、日用品から、農産物・食肉業界、医療業界、化学工業、電子業、物流配送、小売業等まで広がっている。

    主に商品バーコードおよび流通バーコードに利用されている:  

    (1) メーカー/供給業者。メーカーでは主に適切な生産能力管理、原料管理、製造プロセス、完成品在庫と配送等を競争力アップの優先課題とし、一つ一つの製品について製造から運送まで追跡調査ができるよう取り組んでいる。

    (2) 運送業。運送業者は主に貨物輸送時間、荷物の流れの掌握と顧客からの問い合わせを短縮し、貨物の出入りの流れ管理機能に正確性を持たせることに取り組んでいる。

    (3) 物流/配送センター。主に配送、物流システムの効率化、有効な売り場開発、商業情報、顧客サービスなどの新機能に取り組んでいる。

    (4) 小売/量販店。バーコードをスキャナーで読み取ることにより、手作業のエラー率を下げ、効率を向上できる。

    ● 商品バーコード生産販売圏で使用されるバーコードは、消費者ユニット、流通ユニットおよび補充応用ユニットを含み、その実体物流と情報交換過程における異なる場合と異なるシステムで、バックアップあるいは全部利用される。
    ● 流通バーコード主に商品積み降ろし、倉庫保管、運輸などの流通過程での識別符号に利用される。

  • Q: 産業用PDAは一般に市販されているPDAと比べて、なぜ外形サイズが比較的大きいのか?
  • 一般に市販されているPDAの製品設計は、個人用スケジュール管理あるいはマルチメディアAVをデザインに考慮して、主に軽く薄く携帯しやすいことを強調し、デザインは美しく派手なものだ。一方、産業用PDAの製品設計は企業での操作環境を設計の出発点として、主に丈夫で衝撃に強く、防塵防水、バッテリー電力、データ入力の便利さ・・・等の特徴をアピールする。一般的にこれらの特殊なニーズにこたえるため、産業用PDAのサイズは、十分な防護メカニズムを必要とするため、相対的なサイズは比較的大きなものとなるが、近年は研究開発と製造技術が絶えず進歩し、産業用PDAのサイズも改良縮小を続けている。
     
    精聯電子が業界をリードし、もっとも軽薄短小なPA500、PA600産業用PDAを開発した。そのサイズは小さく、重量は軽く(300g以下)、工業規格を備えており、企業のモバイル化作業導入にあたり、最良のツールだ。